ジャンパーズニーで走ると膝が痛い

2018年2月19日

自衛官 男性 20代

主訴

走り始めや終わりに左膝の痛みが出る。
中学生の時からオスグッドやジャンパーズニーで悩んでいた。
寝起きに左腰が張っている。
下腹部が出やすいので股関節の歪みが気になる。
バランスが悪い感じがする。
猫背や姿勢の悪さが気になる。
右肩下がり。
バスケと陸上をやっている。

 

1回目

状態

左の肩甲骨が挙がっているため肋骨が右捻じれになり、右肩下がりで骨盤が左捻じれになって、左膝蓋靭帯に常に負担がかかり炎症が起こっていました。

処置

左肩甲骨と肋骨を整えて胸や背中の筋肉の緊張をとると骨盤の歪みも整い、左膝の痛みや動きも改善しました。
更に肋骨と横隔膜の動きを良くすることで、ハムストリングスを使いやすくして、膝に負担がかかる使い方を改善しました。
体幹と脚が連動して動くようにして、その仕組みも説明しました。
最後に、肩甲骨を整えるOCLストレッチをご指導しました。

術後

膝の痛みがなくなっただけでなく、姿勢も良くなり、身体が動きやすいと喜んで頂きました。
一回でこんなに楽になるとは思わなかったと驚かれていました。
説明がわかりやすく、これから体を動かすのが楽しみだとおっしゃっていました。
 

2回目(一か月後)

走っても膝が痛くない。
骨盤が前傾できて、脚が後ろに蹴れる感覚が実感できて、走りやすかったし実際にスピードが上がった。
寝起きの腰も痛くない。
股関節の歪みや猫背などの姿勢の悪さもなくなった。

状態

ストレッチが上手にできていたので肩甲骨の歪みもなく、良い状態で1ヶ月過ごせたようです。
全体的に良い状態ですが頭蓋骨の歪みがあり、そのせいで骨盤の動きが少し悪くなっていました。

処置

頭蓋骨の歪みを整えると全体的なバランスも整いました。
更に動きやすくするために、走ったり跳んだり投げたりしやすい状態にしました。
最後に、姿勢を良くするのと投げる動きをしやすくするために肩のインナーマッスルが使えるようになるOCLストレッチをご指導しました。

術後

頭蓋骨を整えるだけで体が動きやすくなったことに驚かれていました。

 

3回目(一か月後)

呼吸が楽になって良く寝れるようになった。
ハムストリングスなどの筋肉が付きやすくなった。
寒さで時々膝蓋靭帯に違和感があった。

状態

痛みがなく今まで以上に動けるようになって脚の疲労がたまっていました。
体幹が使えるようになり、首や背中の疲れがたまっていました。
ハムストリングスと内転筋が使えるようになって発達していました。

処置

動きやすい体の連動を作りました。
だいぶ溜まっていた脚や体幹の疲れをとりました。
最後に、体幹が使いやすくなって疲れにくくなるOCLストレッチをご指導しました。


術後

お仕事の都合で北海道に行かなくてはならずしばらく来れないので、ご指導したストレッチを毎日やって自分でケアしますとおっしゃっていました。




このようなお悩みの方に
オススメのメニュー




当院でご指導するOCLストレッチはDVDでも学べます