ダンスで腰とお尻が痛い

2018年2月27日

会社員 女性 30代

主訴

ダンスのレッスン後にだんだん右腰とお尻が痛くなった。
寝てる途中から更に痛みが増したが、翌日は試合だったため無理して踊ったらさらに悪化した。
最初は、座る時前傾気味が楽だったが、試合後は寄り掛かるような後傾気味の方が楽になった。

 

1回目

状態

左恥骨結合の歪みから骨盤が左捻じれになり、右のお尻の筋肉が緊張してました。
その状態で無理に踊って肩に力が入ったためか、右の二の腕の筋肉と指を伸ばす筋肉の筋膜が疲労で固まり、連動した右お尻の外側と内モモまで緊張してしまったようです。

処置

左恥骨結合の歪みを整えると骨盤の歪みが改善してお尻の緊張が緩みました。
右の腸と内モモの筋肉の緊張を緩めると、右腰の痛みも改善しました。
右の腕を緩めると、最後に残っていたお尻の緊張も改善しました。

術後

椅子も前後傾気にせず楽に座れるようになりました。

 

2回目(3日後)

施術後かなり軽くなったが、次の日は座り仕事で忙しかったため、日中から右骨盤の奥にツキンと痛みが出た。
前後傾どちらでも座れるが、どちらかというと後傾の方が楽。
右のお尻から外モモが張る感じ。
背中が固くて動きずらい。


状態

恥骨結合の緊張はなくなっていましたが、腸の緊張があったためまた骨盤が左捻じれになり、右のお尻から外モモが張っていました。
恥骨の歪みがなく後傾で座る方が楽なので、前回の状態から考えると最初に恥骨結合が歪み、その後に肩や腸が緊張したようです。
今回は肩も緊張がなかったので、腸がメインで腰に負担をかけていました。
あまり間を開けずに来院していただけたので、余計な負担がかかる前に術後の経過を確認でき、原因を見つけることができました。

処置

腸を整えると骨盤の歪みがなくなり背中と腰の緊張が改善して、お尻から外モモの張りもなくなりました。
痛みも緊張もなくなったので、動きやすさも作っておきました。

術後

「腰とお尻の痛みがない!」と喜んでいただきました。
以降、パフォーマンスアップやメンテナンスのために2週間~1ヶ月に一度のペースでご来院されています。



このようなお悩みの方に
オススメのメニュー




当院でご指導するOCLストレッチはDVDでも学べます