顎関節症について

つらい顎関節症を原因から改善します

頭痛について

こんな症状でお悩みではないですか?

口を開閉すると音が鳴る
口を開閉すると顎に痛みがある
口の開閉がしにくい
口の開閉で顎の動きに左右差がある
口の開閉で顎の先が左右にブレる
顎が歪んでいる
噛み合わせが悪い
寝起きで顎の動きが悪い
ほほ骨の下の筋肉がこっている
顎の筋肉がこっている
コメカミの筋肉がこっている

顎関節症とは?

顎関節症は「顎関節やその周りの筋肉が痛い」「口の開閉がしにくい」「あごを動かすと音が鳴る」などの症状があり、鑑別診断で他の疾患がない病態の総括的診断名です。

成人の46%に顎関節症の何らかの症状があると言われています。

顎関節症は障害のある部分によって大きく分けて「筋肉の障害」「関節包・靭帯の障害」「関節円板の障害」「変形性関節症」の4つがあり、これらが同時に起こっていることが多く、特に関節円板のズレは顎関節症の受診者の7割にみられます。

原因として、噛み合わせ、くいしばり、歯ぎしり、片方で噛む、頭や首の筋肉の緊張、頭蓋骨の歪み、肋骨や骨盤など全身の歪み、姿勢、生活習慣、ストレス、顎や頭を強く打ったなどが関係しています。

また、顎関節症になることで噛み合わせが悪くなることもあり、様々な原因が合わさって悪循環を起こしているので、その原因を1つずつ見つけて対処していくことが重要です。

顎関節症は脳や全身の働きにも影響している

顎関節症の症状のなかでも特に深く関係している噛み合わせは、顎関節だけでなく全身にまで影響しています。

ここで簡単な実験をしてみましょう。

まずは前後屈をしてどれ位動けるか確認してみてください。

ティッシュペーパーを2枚用意して、それを小さく畳んで両方の奥歯で噛んでください。

噛んだままもう一度前後屈をすると先程よりも動きやすくなっています。

これは、噛み合わせが良くなることで、身体のバランスが整うからなのです。

つまり、人間は噛む時に顎の筋肉だけでなく全身を連動させています。

噛み合わせを良くすると、全身を連動して使えるため身体が動きやすくなり、逆に噛み合わせが悪いと全身が連動できずパーツだけで使うようになるため身体の動きが悪くなります。しかも、パーツだけで使っている部分には負担がかかってしまいます。

その負担が顎に出ると顎関節症になることがありますし、肩や腰に出れば肩こりや腰痛になることがあります。

格闘技やアメフトなどのコンタクト系スポーツでマウスピースを付けているのは、一般的に歯を守る為とされていますが、噛み合わせを良くしてパフォーマンスを上げるためでもあります。

そのため、殴られる心配のない重量挙げやウエイトトレーニングの際にマウスピースを付けて行う選手も多いのです。

逆に、身体のバランスが悪く歪んでいることで、噛み合わせが悪くなることもあります。

試しに、背中を丸めてみてください。

動かそうとしなくても、顎が前に出て首の後ろはつまり、お尻は後ろに倒れて骨盤が後傾してしまいます。

その状態で口を開閉したりあごを左右に動かすと、動きにくいことが実感できると思います。また、疲れがたまって顎がこりやすいのがお分かり頂けると思います。

このように常に全身は連動して動いているので、全身の様々な部分の歪みが顎関節症の原因になります。

そのため、全身の歪みを整えることで顎関節症が改善することができます。

また、噛むという動きは脳に刺激を送り血流を上げたり、リラックス効果や集中力を上げる効果があるとされています。

メジャーリーガーなどがガムを噛みながらプレーをしているのもそのためと言われています。

つまり、噛み合わせを良くすることは、脳やメンタル面の機能向上にも繋がるという事です。

逆を言えば、顎関節症などで噛み合わせが悪くなるとそれらの機能が低下するため、仕事の能率やスポーツパフォーマンスも低下するという事が言えます。

顎関節症の原因

顎関節症に対しても、マウスピース、マッサージ、鍼灸、カイロ、整体、痛み止め、塗り薬など、様々な治療法がありますが、痛みを感じているあご周りの筋肉や顎関節を直接治療してもそれだけでは改善しないことがほとんどです。

先程、顎関節症を部位別に4種類に分けましたが、そもそもなぜその部分に障害がでるのか?を考えなくては根本解決になりません。

そこで、当院では顎関節症の原因を大きく2つに分けて考えています。

1つが「器質的問題」、もう1つが「機能的問題」です。

つまり、頭蓋骨や身体の歪み「器質」の問題と、歪ませてしまう使い方「機能」の問題です。

頭蓋骨や身体が歪んでいれば、噛み合わせが悪くあごの関節に負担がかかります。

そして、片方だけで噛んだり、首を右に捻ったままで噛んだり、背中を丸めて身体自体が歪むような動きをしていれば、頭蓋骨や身体が歪んで噛み合わせが悪くなり、あごの関節に負担がかかります。

では、何が原因でそのような状態が起こるのでしょうか?

よくある例をいくつかご紹介致します。

【原因1】片方で噛む

噛み合わせの悪さの原因で代表的なのが片方で噛むことです。

例えば右の奥歯だけで噛みしめるようにすると顎は左に歪みます。

これは上の歯の列が下の歯の列よりも一回り大きく、噛み合わせの面が外にあるため、下の歯が上の歯に安定して接触しようとすると内側(右の奥歯なら左)にずれるためです。

そのため、片方で噛んでばかりいると、あごが歪んで悪い噛み合わせが癖になってしまいます。

しかし、普段どちらで噛んでいるか?をさほど意識していない方も多いのではないでしょうか?

試しに食事の際、ご自身がどちらで噛んでいるか意識してみてください。

意識してみると同じ側ばかりで噛んでいる場合、そちら側で噛むのが楽だからです。

もし、反対側で噛んでみて違和感が無いようでしたら、まだ歪みが癖になってはいませんので、両方でまんべんなく噛むように心がけていくことで噛み合わせが改善されます。

しかし、反対側で噛むと違和感がある方は、すでに歪んでしまっている状態なので、無理に噛みにくい方で噛んでいると、顎以外の部分で歪みをフォローしなくてはならず、今度は頭蓋骨や身体に別の歪みが出てしまいます。

その場合は、無理に噛みにくい方で噛んでご自分で改善しようとするのはおすすめできません。

【原因2】頭蓋骨の歪み

意外と多いのが、頭蓋骨の歪みです。

「頭蓋骨って歪むの?」と驚かれる方も多いのですが、頭自体の骨格である「頭蓋骨」はヘルメットのような1つの骨で出来ているのではなく23個の骨で出来ています。この骨の繋ぎ目は一般的に動かないといわれてはいますが、全く動かないわけではありません。

その繋ぎ目の部分がほんの僅かずつ動くことで、頭全体の歪みを作ってしまうのです。

指の関節などと違って1つの骨だけが動くようなことは出来ず、ルービックキューブのように23個の骨が連動して動くため、数ミリの頭蓋骨の歪みでも、あごの関節に大きな負担をかけることになります。そのため、噛み合わせの悪さや顎関節症が起こります。

この場合、頭蓋骨の歪みを整えたり、頭蓋骨を歪ませてしまう使い方をやめることで、顎関節症が改善されます。

【原因3】片方を向いて食事をする

横にあるTVを観ながら食事をするというような、首を片方に捻った状態を取り続けると頭蓋骨や身体が歪みやすくなります。

例えば首を右に捻る場合、首だけで捻るわけではなく背骨が連動して捻られ、更に頭蓋骨も右に歪みます。

そして、噛むという動きは全身で連動させて行っています。

そのため、首を右に捻った(=頭蓋骨を右に歪ませた)状態で何度も噛むという動きをし続ければ、頭蓋骨や首を右に歪ませた癖がつきやすくなります。

もし、こういった食事の採り方をしてる場合は、正面で観られるようにTVの配置を変えるか、食事中のTV視聴をやめるだけで頭蓋骨や身体の歪みが改善されます。

【原因4】姿勢の悪さ

頭やあごに直接付着している筋肉だけでも首や肩から無数に繋がっていますし、筋肉の膜「筋膜」の連動は全身から繋がっています。

そのため、骨盤や肋骨などの「身体の歪み」によって、筋膜の繋がりから頭やあごの筋肉に負担をかけることで緊張したり、頭蓋骨の歪みや噛み合わせが悪くなり顎関節症が起こります。

例えば、猫背の姿勢で仕事をしたり食事をすれば身体が歪み、身体が歪むことで頭蓋骨やあごの関節は歪みます。

また、頬杖をつけば直接的にあごを圧迫し続けるので、当然あごの関節は歪んでしまいます。

そのため、日常生活の姿勢を見直すことで顎関節症が改善されます。

【原因5】ストレス

その他、ストレスが原因になる場合もあります。

ストレスを感じることで、無意識に奥歯を噛み締めていたり、寝ている時に歯ぎしりをしている場合、それが原因になることもあります。

強く噛み締めたり歯ぎしりをすることで、あごに負担がかかって顎関節症が起こってしまうのです。

ストレスの原因を直接取って差し上げることは難しいですが、頭蓋骨の歪みを整えてから直接頭やお顔の筋肉を緩めれば、頭がリラックスし顔の緊張を緩ませることが出来ます。その結果、ストレスによる緊張でのあごへの負担を改善することができます。

顎関節症を原因から改善するには

このように様々な原因から顎関節症は起こります。

症状の出ているあごを直接施術するだけの「対処療法」では、底に穴の開いた舟で一生懸命水を掻き出すようなものです。その時は症状が軽減しますが、またすぐに同じ問題が起こってしまいます。

大切なのは、舟底の穴を見つけて塞ぐ「根本療法」です。原因から改善すれば、顎関節症にならない身体になります。

まずはあなたの顎関節症の原因となる歪みやクセを見つけることで、根本から改善しましょう。

つらい頭痛にO.C.Laboができること

O.C.Laboでは細かいカウンセリングと検査によって、その頭痛の原因となる歪みやクセを的確に見つけて根本から改善致します。

さらに、ご自分で原因がわかるセルフチェックの仕方から、ご自身で改善できるようになるためのストレッチのご指導まで行う「学べる整体院」なので、何度も同じ原因で頭痛に悩まされることもなくなります。

そのため「また痛くなったらどうしよう…」という心配もなくなり、限りある貴重な時間とお金を、これまで以上に掛けたいものに掛けられるようになります。

また頭痛が楽になるだけでなく、ダイエットやスポーツなど「その先の目的」に合わせた施術やストレッチをご指導することで、スタイルアップやパフォーマンスアップまでできるようになります。

みなさんの声

患者さん写真
W様 会社員 40代 女性

『頭蓋骨の調整後は口が閉じやすくなりました』

40代後半から、長年悩んでいた呼吸の浅さや首の違和感に加え、両脚の痛いほどのむくみや右ふくらはぎの下肢静脈瘤のような症状、足の変形と歩きづらさ、極度の眼精疲労や耳鳴り、めまい、睡眠不足などが重なり、記憶力もやる気も減退。それまで隠れていた様々な不調が一気に表出し、体が急速に壊れていくような感じがしていました。

不安で途方にくれていた時、信頼するトレーナーさんが信頼する方としてご紹介してくださったのが押方先生です。

これまで整体の経験は無く、先生に初めてお電話した時は緊張感でいっぱいでしたが、とても優しそうな声にホっとしたのを覚えています。

初診の結果、あまりみたことがないほど複雑に重なった歪みがあり、「よくこれで生きているなぁ」とのことでしたが、長くヨガやウェイトトレーニングをしてきて体調管理はそこそこできているつもりだった私は、先生の「重症」診断を他人事のように聞いてしまい「自覚がないのが一番まずい」と言われました。

初回の調整直後から体はメキメキ変化しました。

まずあんなにむくんでいたふくらはぎが一回の施術で細くなり、頭蓋骨の調整後は視界が明るく、口が閉じやすくなりお肌がふわふわ。 雨の日に膨張していた髪は癖が減って洗いやすく、抜けにくくなりました。頭の形状の変化には美容師さんも驚くほど。

趣味の世界でも諸先生方に「動きがよくなった」とか「見違えた」といっていただきました。

一番嬉しいのは声の変化です。よく響いて相手に届きやすく、歌のレッスンでは初めて首の位置がすっと定まり、横隔膜を意識して心地よく高音を響かせることができました。

これからどんな声を育てていけるのかとても楽しみです。

聞けば先生は胸や肋骨、呼吸の改善を得意分野の1つとされているようで、声楽や語学の学習者でブレスの浅さに悩む方には とてもおすすめです。

最初からすべてが順調だったわけではなく、せっかく調整いただいた身体をわずか一週間で破壊して戻るようなことも何度もありました。

それでも「まかせて!」と懸命に施術して戻してくださる先生のおかげで今では首の痛みもかなり改善し、ごちごちに固まっていた身体は知恵の輪が解れるように楽になり、様々な不調がどんどん改善してきています。

先日久々に帰省した時は親にも驚かれました。

物事の9割以上は屋台骨で決まり、そこが崩れれば何を加えてもゼロだといわれたことがありますが、いま押方先生の整体を通じてそれを実感する日々です。

バラバラだった努力が先生の手で1つにつながり、新たなステージへ引き上げてもらったような気がします。

覚えの悪い私にいつも笑いながら何度もストレッチを教えてくださる心優しい先生と、ここにつなげてくださったすべての方々に感謝し、次のステージに向けて頑張っていきたいと思います。

顎関節症でお悩みの方に選ばれる理由

原因から改善するオーダーメイドの整体

マニュアル通りの施術や対処療法ではなく、事前のカウンセリングと細かい検査できちんと原因を見つけて、その方に最適な根本療法の施術を行うため一回で効果を実感いただけます。

自分で治せるようになる「学べる整体院」

原因に合わせて、即効性のあるセルフ整体「OCLストレッチ」をご指導致します。

ご自分で解決できるようになるので「また痛くなったらどうしよう…」などの不安もなくなります。

QOL(生活の質)の向上ができる

痛みや不調を改善する「マイナスからゼロ」だけでなく、パフォーマンスアップやスタイルアップなど「ゼロからプラス」にすることで、今まで以上に楽しく生活ができるようになります。

オススメのメニュー

OCLストレッチをやってみよう!~症状別OCLストレッチ~

肩こり・腰痛でお悩みの方、ぜひお試しください。

※ストレッチ自体が痛くてできない方は絶対に無理に行わないでください