肘の痛みについて

つらい肘の痛みを原因から改善します

肘の痛みについて

こんな症状でお悩みではないですか?

ゴルフやテニスをしていると肘が痛くなる
パソコンなど、手のひらを下に向ける動きをすると肘が痛い
ドアノブを捻ったりタオルを絞ると痛い
物を持ったりペットボトルを開ける時に痛い
肘の内側の出っ張りを押すと痛い
肘の外側の出っ張りを押すと痛い

なぜ肘が痛くなるのか?

肘の関節は、肩から肘までの「上腕骨」と、肘から手首までの「橈骨(とうこつ)」と「尺骨(しゃっこつ)」という三本の骨によってできていて、肘の曲げ伸ばしや肘を捻る動きに使われる重要な関節です。

また、肘を動かす筋肉だけでなく、手首を捻る動きや指の曲げ伸ばしの筋肉も付着しているため、腕を使う時には必ず関係のある関節です。そのため、関節や筋肉に負担がかかりやすく、肘周辺の筋肉が硬くなることによって肘の付着部に負担がかかり、炎症や痛み、動きが悪くなります。

スポーツでは「テニス肘」「ゴルフ肘」「野球肘」など、競技によって負担のかかり方が違い、肘の外側や内側に痛みが出ます。

肘の痛みがひどくなると

肘の痛みや動きの悪さがひどくなると、肘の代わりに肩や手首で本来の動きとは違う使い方をするため、肩や手首の痛みの原因になるだけでなく、フォームの乱れなどのスポーツパフォーマンスの低下や思わぬ怪我にも繋がります。

肘の痛みの原因は肘だけではありません

肘周辺の筋肉が緊張することで肘が痛くなりますが、そもそも「なぜ肘の筋肉が緊張しているのか?」から考えなくては根本解決になりません。

試しに椅子に座って背中を丸めてみてください。

動かそうとしなくても、顎が前に出て首の後ろはつまり、お尻は後ろに倒れて骨盤が後傾してしまいます。

同様に胸を張って座ろうとしても、お尻を倒して座れば自然と背中は丸まります。

全身は連動して動いているので、どこかに歪みや動きの悪さがあるとそれをかばって他の部分にまで負担をかけてしまいます。

その状態で腕を動かすと動きにくいことが実感できると思いますし、疲れがたまって腕の筋肉が緊張するのが分かると思います。

肘に直接付着している筋肉だけでも、腕だけでなく肩や指から無数に繋がっていますし、筋肉の膜である「筋膜」も全身で繋がっているため、骨盤や肋骨などの歪みによって肘に負担をかけて緊張させているのです。

このように常に全身は連動して動いています。

そのため、全身の様々な部分の歪みが肘の痛みの原因になるのです。

肘の痛みを原因から改善するには

痛みのある肘を直接施術するだけの「対処療法」では、底に穴の開いた舟で一生懸命水を掻き出すようなものです。その時は症状が軽減しますが、またすぐに同じ問題が起こってしまいます。

大切なのは、舟底の穴を見つけて塞ぐ「根本療法」です。原因から改善すれば、コリや痛みが出にくい身体になります。

まずはあなたの肘の痛みの原因となる歪みやクセを見つけることで、根本から改善しましょう。

つらい肘の痛みにO.C.Laboができること

O.C.Laboでは細かいカウンセリングと検査によって、その肘の痛みの原因となる歪みやクセを的確に見つけて根本から改善致します。

さらに、ご自分で原因がわかるセルフチェックの仕方から、ご自身で改善できるようになるためのストレッチのご指導まで行う「学べる整体院」なので、何度も同じ原因で肘の痛みに悩まされることもなくなります。

そのため「また痛くなったらどうしよう…」という心配もなくなり、限りある貴重な時間とお金を、これまで以上に掛けたいものに掛けられるようになります。

また肘の痛みが楽になるだけでなく、ダイエットやスポーツなど「その先の目的」に合わせた施術やストレッチをご指導することで、スタイルアップやパフォーマンスアップまでできるようになります。

肘の痛みでお悩みの方に選ばれる理由

原因から改善するオーダーメイドの整体

マニュアル通りの施術や対処療法ではなく、事前のカウンセリングと細かい検査できちんと原因を見つけて、その方に最適な根本療法の施術を行うため一回で効果を実感いただけます。

自分で治せるようになる「学べる整体院」

原因に合わせて、即効性のあるセルフ整体「OCLストレッチ」をご指導致します。

ご自分で解決できるようになるので「また痛くなったらどうしよう…」などの不安もなくなります。

QOL(生活の質)の向上ができる

痛みや不調を改善する「マイナスからゼロ」だけでなく、パフォーマンスアップやスタイルアップなど「ゼロからプラス」にすることで、今まで以上に楽しく生活ができるようになります。

みなさんの声

患者さん写真
S・K様 主婦 50代 女性

『どの治療院に行っても治らない痛みで諦めかけていたバドミントンが、ブランクを感じない程に復活出来ました。』

押方先生にお世話になり始めたのは、今年の冬です。

昨年の夏に、肘を痛めました。私はバドミントンをしているのですが、プレー中に急に痛みを感じ、それ以降はシャトル打つのみならず、洗濯バサミをつまむ、箸を使う、筆記をする、引き出しの開け閉め、等々、日常生活での様々な動作にも支障をきたし、本当に困っていました。

近所の鍼灸、マッサージ、整体、筋膜リリース等々に通ってみましたが、いずれもある一定期間の痛みの軽減を感じることは出来たものの、痛みが無くなることは無く、このままずっと日常でも痛みを抱えながらバドミントンはもう諦めようかと悩んでいました。

そんな頃に、以前購入していたOCLストレッチのDVDをしてみたところ、どのストレッチが効いたのかはわからないのですがその効果を感じたので、勇気を出して治療をおねがいすることにしました。HPの『みなさまの声』を読んだことも後押しとなりました。

押方先生の見立てでは、週に1回の治療で1か月で何とかしてくださるとのこと。

初回数日後に痛みは出てしまいましたが、幼少期からの手の親指の骨の位置のずれが、肋骨周りのストレッチでいつの間にか1週間の内に治っていたのが不思議でした。

その後、毎回新しいストレッチを教えて頂き、1か月後には本当に痛みは激減して、もうやめようかと思っていたバドミントンの試合に治療開始から1か月半後には出ることができ、半年以上のブランクは殆ど無いくらいに復活できました。

サボっていたDVDもまた開始し、また私の骨格に合ったストレッチもオススメ頂いてそれも併せて行っています。

バドミントンのサークルで体幹トレーニングをしますが、私は特に厳しいトレーニングをしているわけではありませんが、色々なポーズが簡単にできるようになっていました。

OCLだけを日常の合間合間にやっています。30分はかからないとおもいます。

OCLストレッチは、ある筋肉か骨格にピンポイントに効いているようです。コツはストレッチのプロセスを丁寧に、です。

初期はやっているのに効いてないな~とか、どこに効いているのか分からないと思うこともありましたが、どうもやり方が雑だったり、動作の向きが間違っていたりしたようです。

また、あまりに単純な動作で、本当に効くのかな~と思えるストレッチ程よく効いていたのも実感しました。

現在はストレッチの見直し、又は新たに治したいクセ等をなどのために、当初より間隔を空けて通っています。

治療費は一見お高く感じるかと思いますが、ほぼ完治したこと、パフォーマンスアップを感じることを考えると、近所で何度も通うのと料金的には変わらなくなると思います。

痛みを感じたときは習ったストレッチを繰り返せば自分で治せるのがすごいです。

オススメのメニュー

ここまで読んでいただいた方へ

院長写真

私自身、高校時代から格闘技を始めましたが、もともと運動が苦手だったこともあり、身体が思う通りに動かなかったり無理な練習で傷めてしまったりと、自分のセンスのなさを実感しながら練習を頑張る気持ちはあるけれどどう頑張ったいいかわからない…と悩んでいました。

しかし、どこで誰に何を学べばよいのかも分からなかったため、当時はとにかく一生懸命に全力で練習しては怪我をするの繰り返しでした。


その後、治療家の道に進み様々な勉強をして臨床経験を積んでいくうちに自分の知りたかった「何か」が理論的な身体の解析だと気づき、それ以来自分の努力の方向性が明確になったため、現在も研究を続けその解析や理論は常に進化しています。


その研究成果を、自分だけでなく同じような悩みを抱える多くの方に知っていただく事でもっと自由に楽しく生きて欲しいと考え 「こんなことを教えて欲しい」「こんなケアをして欲しい」「こんな治療院があったらいいな」を叶える、
自分が本気で通いたいと思う「学べる整体院」というコンセプトで鍼灸整体院O.C.Laboを作りました。


当院が「Labo(研究所)」を名乗るのは、私自身が今なお「もっと上手くなるには?」「もっと結果を出すには?」を必死で研究し続け、 その研究成果をもとに整体やOCLストレッチを通して「自分の身体がこんなに思い通りに使えるんだ!」という楽しさやご自分の可能性を実感して頂くことで、もっと「自由に楽しく生きるための知識」を一緒に研究し学べる場であり続けたいからです。

もしもあなたが今、身体について悩みがあるのならば是非一度ご相談ください。

きっと今までの自分の身体とは別物の「あなたの本当の力」が出せるようになります。