スポーツの膝痛

スポーツの膝痛

スポーツの膝痛

  • 普段は痛みがないが練習すると膝が痛い
  • 膝の皿の下が痛む
  • 膝の両サイドが痛む
  • 休むと改善する

「整体を受けても痛みがとれない…」

「動くとまた痛くなる…」

痛みのある部分を揉んだり、歪んだ関節を矯正しても、本当の原因がそこになければ何度整体に通っても、その場しのぎの対応にしかなりません。

そのため、いつまでも痛みやしびれに悩まされたり、何度も同じ怪我を繰り返してしまいます。

大切なのは原因を見極め的確な対応をすることです。

スポーツ障害に特化したドクターでも良くならず手術も考えていた膝の痛みがすっかり良くなりました

お客様写真

息子が小学校2年の夏フラッグフットボールを始めました。

土日祝日4時間ずつの練習に加え、週一回のハードル等を使ったアジリティ、スピード、クイックネスのスクール、そして時間があれば更に走り方教室に通っているうちに2年生の秋になる頃には膝が痛いと言うようになりました。

近所の整形外科に行くと「分裂膝蓋骨」と診断され、「とにかく練習を休むこと」だけとのことでした。

納得がいかず、二軒目の整形外科に行くと、この怪我は体全体のストレッチが足りなくて膝に負担がかかっていることで起きる症状だと言われ「両親の育て方が悪い!歯磨きを教えるようにストレッチを教えてこなかったばちだ!」と頭ごなしにしかられました。

息子より身体の固い子だってたくさんいるし、ストレッチは毎日ちゃんとやっているのにどうしてうちの子だけこうなるのかという説明は一切なく疑問ばかりで一向に良くならず。

それでも紹介されて行った病院だったので何回か通いましたが、「これくらいの痛さで医者に来るな!!」と言われそれきり通院はやめました。

スポーツ障害に特化したドクターということでしたがあまりの言われように悲しくなりました。

しかも大切な試合の前には必ず痛くなる。

QBというポジションなので急に動けませんというのはチームの司令塔として失格です。

ネットや口コミで良い先生がいると聞けば東奔西走しましたが一向に良くなりません。

手術をすることも考え始めた頃、自力で押方先生のHPに行きあたりました。

その施術や説明は納得がいく事ばかりでした。

筋肉の使い方が間違っていたようです。

膝の状態は良くなったり悪くなったりの繰り返しで徐々に改善し、10ヶ月を過ぎる頃にはすっかり良くなりました。

そして育ち盛りの時期なのに制服のサイズが4年も変わらなかったのが、O.C.Laboに通い始めてから2サイズ以上上がりました。

スポーツ障害は、看板を掲げているだけでなく、ご自身もスポーツをされていて実践をわかっている先生である必要があることがよくわかりました。

O.C.Laboに行き着くまでに整形外科だけでなく整体やカイロプラティックなど様々なところへ連れて行った私が言うので間違いないです。

ですから押方先生は絶対的に信頼がおける先生です。

息子は大学までアメフトを続けるので、必ず有名になって恩返しがしたいと言っています。

 

川島子龍様 小学生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

膝痛と股関節痛であきらめかけていたビーチボールで優勝できました!

お客様写真

60歳になってビーチボールというスポーツの大会で3月と7月…二度も優勝することができました。
今から思うと、1年9カ月前までは、股関節が痛くなり、歩くのも辛い、スポーツをした後は膝が腫れて痛くなった。数か月はがまんして続けたがいよいよダメだと思い、スポーツすることをあきらめようとも思いました。
そんな時、以前お世話になっていた押方先生を思い出し2年振りに連絡をとり、施術とストレッチ等の指導を受け、現在に至っています。

今こうしてスポーツができ優勝できたのも押方先生のおかげだと思っています。

トミ姉様 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

膝痛でもうスポーツが出来ないのかと不安でしたが、再びスポーツをする喜びを感じられました

お客様写真

私はこれまでサッカーやスキーなどを楽しんできました。
その際に、自分のパフォーマンスがなかなか上がって来ないことから、重心が右足側に偏り、体のバランスが崩れた状態であることを自覚するようになりました。
そこで、マッサージや整体などをいくつも受けてバランスの改善を図りましたが、施術当日は良い感じを受けるものの、しばらくするとまたバランスが崩れていってしまうので、なんとかしたいと常々考えていました。
また、体のバランスが崩れている事にも起因しますが、股関節が上手く使えないため下肢の動きがスムーズにいかず、特に膝を上手く使えないためなかなか上達もしていかないことに不満を感じていました。
長い間バランスが崩れている状態でスポーツを続けて来たため、左膝に水が溜まり痛みを感じるようになりました。

痛みのため、スポーツを思い切り行うことが出来ず困っていたところ、O.C.Laboの存在を知り、施術をお願いしました。
一度で全ての痛みが全くなくなるとまではいきませんでしたが、軽減し膝の動きがスムーズになりました。
また、自分で出来るOCLストレッチを教えて頂き、自宅で続けることで、体のバランスが改善していくことを自覚できました。
O.C.Laboでの施術に効果を感じ、何回か通ううちに痛みも少なくなり、今後も続けていくことでさらに良くなっていく期待を感じています。

ストレッチのうち、股関節のねじれを改善するストレッチと膝の動きを良くするストレッチがとくに効果を感じると共に気に入っています。
膝が痛い事もあり、股関節を上手く閊えるようにしないと朝膝に疲れが出たり、上手く動かなくなりますが、股関節のねじれを改善するストレッチを行うことで股関節が伸ばされ膝の疲れが取れます。
逆に忙しくてやらないと、その日一日膝の動きが悪く、痛みが出ることもあり、今ではやらないと一日気持悪いくらいです。
膝の動きを良くするストレッチも、私が体のバランスが悪くて動かす時に膝が真っ直ぐ前に向かないため、このストレッチを行うことで、膝がまっすぐに向いていることを実感します。

膝の痛みでスポーツが出来ない時には、今後はもう今までのようにスポーツが出来ないのかと不安を感じていましたが、O.C.Laboに出会えたことで、再びスポーツをする喜びを感じられ大変感謝しています。
今では毎朝ストレッチを行うことで一日体のバランスが正しい状態で生活でき、朝から体を動かすことですがすがしい気分で毎日を過ごしています。
O.C.Laboに出会えて本当に良かったと思っています。

加々美様 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

スポーツで膝痛になる原因

普段は問題ないのにスポーツをすると痛くなる。
「激しく動くから膝痛はしかたがない…」と諦めていませんか?

「ジャンパーズニー」「ランナーズニー(腸脛靭帯炎)」「オスグッド」「膝蓋軟骨軟化症」「鵞足炎」「半月板損傷」「十字靭帯損傷」「側副靭帯炎」などスポーツをされる多くの方が膝痛に悩まされています。

しかし、スポーツをする全員が膝痛になるわけではありません。

では、なぜ同じ練習をしているのに膝痛になる選手とならない選手がいるのでしょうか?

膝痛で悩む選手の多くは、膝に負担をかける身体の歪み方や、使い方をすることで、膝痛になっているのです。

 

多くのスポーツで体を捻る動きをしますが、そもそもピッチングやスイングのように体を捻る動きは、地面に足が着いていて骨盤を回旋させるので膝だけでなく足首や骨盤の柔軟性と使い方が重要になってきます。

しかし、膝痛に悩まされる多くの選手は、足首や骨盤を使えずに膝に負担をかけています。

根本原因は、身体の「使い方」と「歪み」の2つ

同じような症状でも大きく分けて2つの原因があります。

1.間違えた身体の使い方をしているために身体に負担がかかる「使い方」

2.骨盤や肋骨の柔軟性が低いために身体に負担がかかる「歪み」

 

そして、原因が違えば対処法も大きく変わります。

当院は根本原因を見極め的確な対応ができるため、最短で結果が出せるのです。

これを知らないと怪我だけでなくスランプにも…

スポーツでは「クラブを振る」や「パンチを打つ」など、その競技特有の動きは「技術」ですが、その土台となる部分に「使い方」と「歪み」があります。

 

そのため、ただ漠然とスイングの練習をしていてもなかなか結果に繋がりません。

それどころか間違った身体の使い方や、関節や筋肉が動かない状態で練習をすれば、間違った癖がつき怪我をしたりスランプに陥ってしまいます。

だからアスリートに最適!

当院は、この「使い方と歪み」=「人間の身体を上手に使う」に対してアプローチするため、様々なスポーツに対応できます。

さらに、あなたがこの関係性を理解した上で練習をすれば、今まで以上に練習の効果が高まり今まで以上のパフォーマンスアップも可能になります。

 

当院は、怪我を最短で改善するだけでなくパフォーマンスアップまでできるアスリートに最適の整体院です。

スポーツの膝痛でお悩みの方にオススメのメニュー

※初めての方の目安は1時間位です

全身整体

筋骨格系(筋肉や関節や筋膜)を整えるO.C.Laboの基本メニューです。

細かい検査によって根本原因から改善していけるので、即効性があるだけでなく効果が長持ちします。

 

・野球肩、テニス肘、ゴルフの腰痛、オスグッド、ランナーズニー、ジャンパーズニー、足底筋膜炎、鵞足炎、シンスプリント、グロインペイン、などのスポーツ障害

・股関節痛、変形性膝関節症、四十肩、五十肩、肘痛、膝痛、背部痛、ギックリ腰、外反母趾、へバーデン結節などの筋肉・関節・筋膜の症状

・腱鞘炎、慢性の首痛、慢性肩こり、慢性腰痛、ストレートネック、猫背などの日常の生活習慣による慢性症状

 

など、痛みやコリにお悩みの方にオススメのメニューです。

■回数券の販売などは致しません

気軽にご自身のペースで通って頂けるよう、回数券の販売などは行っておりません。

 

■無理なコース変更や次回予約の強要は一切しません

プロとして最善のご提案は致しますが、あくまでご自身の判断にお任せします。

 

■完全マンツーマン対応でプライバシーを守ります

完全予約制のマンツーマンの対応ですので、体のお悩みなど他の方に話が聞かれることもありません。

 

■お仕事帰りでも服装を気にせずお気軽にご来院できます

着替えを用意しておりますので、スカートやスーツなどで着替えが必要な方は更衣室でお着替えください。

 

O.C.Labo7つの特徴

1.明らかな効果をその場で実感できる

プロアスリートは結果が全てです。

そんなアスリートのシビアな要望にも応えられるよう、当院は施術の結果を重要視しています。

毎回施術の前後に検査を行い痛みや動きが改善したことを確認するので、その場で明らかな効果を実感できます。

2.あなたの状態に合わせたオーダーメイドの整体

同じ様な症状でも原因が違えば施術法も変わるように、同じ人でも日々生活をしていれば、その時によって状態は変わります。

そのため、毎回カウンセリングを行いその時のあなたに最適な施術を致します。

3.原因がわかるから再発予防できる

傷めてしまう原因をあなた自身が知らなければまた同じ様な怪我をしてしまいます。

あなた自身に原因を知って頂くことで、再発を防止できるだけでなく練習中や日常生活の注意点がわかるので改善スピードが更に上がります。

4.パフォーマンスアップができる

今まで怪我の部分にかかっていた無駄な力を正しい方向に向けられるのでパフォーマンスが上がります。

さらに、感覚的でなく理論的にあなた自身の身体のことや身体の使い方を知ることができるので、練習効果も高まります。

5.様々なスポーツに対応可能

ゴルフや野球など各競技専門の整体院と違い、競技特有の動き「技術」の土台となる「身体の歪み」と「身体の使い方」に特化し「人間の身体を上手に使う」ことを目的としているので、様々なスポーツに対応可能です。

そのため、スポーツをしていない方でも日常生活やお仕事の動きが楽になるので、ビジネスマンや主婦、お子様からお年寄りまで様々な業種や年齢の方がいらっしゃっています。

6.自分で歪みを改善できるようになる

当院の整体を自分自身にできるセルフ整体「OCLストレッチ」をご指導致します。

いつでもどこでも気軽に自分を整体できるので、練習中に痛みや動きにくさを感じた時にもご自分で改善できます。

あなたの身体に合わせたあなた専用のストレッチプログラムを組んでいくことで、より効率的に身体を改善に導くことができます。

OCLストレッチについて

7.アスリートの立場に立った対応

院長自身がプロキックボクサーだったのでアスリートの気持ちがわかります。

病院では練習を休むように言われてしまう状態の時でも「痛みがあるけど練習したい」「本番までに何とかして欲しい」など、あなたの求めるものを提供できるように、そして今まで以上の記録や結果が出せるように、最善を尽くします。

一日でも早く痛みから解放されて、気持ちよくスポーツや日常生活を楽しみたい

怪我や不調によって身体が自由に動かないのは本当につらいですよね…

そのせいで私自身もキックボクサーとして活動するなかで、何度も悔しい気持ちを味わいました。

 

そして、それを乗り越えるために20年以上スポーツ整体師として多くの知識と経験を積み重ねてきました。

だからこそ、今こうして多くの方に喜んで頂けるようになったんです。

 

もし、あなたが痛みや不調を本気で改善したいと思っているのであれば、ぜひ当院にご来院ください。

一日でも早く身体の悩みから解放されて、今まで以上にスポーツや日常生活を楽しめるようになりましょうね!

 

O.C.Labo院長 押方匡介

■完全予約制ですので、事前にご連絡ください。

・お名前
・お悩みの症状
・ご希望の日時(状態によりますが長くても1時間程度です)
・ご連絡先
を順にお伺いいたします。
特にご希望のメニューがなければ、当日お身体の状態をみながらメニューを決めていきます。
※電話に出ない場合は、メッセージを残して頂くか時間をおいてからお掛け直しください。