足底筋膜炎

足底筋膜炎

足底筋膜炎

こんな症状でお悩みではないですか?

  • 歩いたり走っていると、足の裏が痛くなる
  • 立ちっぱなしでいると、足の裏が痛くなる
  • 踵や親指の付け根、土踏まずなど足の裏を押すと痛い
  • 歩き始めに足の裏が痛い

足底筋膜炎とは?

足の裏の筋肉の膜「足底筋膜」が硬くなり、骨との付着部が引っ張られて炎症を起こすことで痛みが出ている状態のことです。

そのため、足底筋膜炎でも人によって踵や親指の付け根、土踏まずなど様々な部分に痛みが出ます。

 

足底筋膜炎が足裏だけを施術しても治らない理由

足裏筋膜が硬くなることで足底筋膜炎になるとお伝えしましたが、そもそもなぜ足裏筋膜が硬くなるのか?から考えなくては根本解決になりません。

足裏筋膜に直接関係している筋肉だけでも、足の裏だけでなく膝から下のスネやふくらはぎから無数に繋がっていますし、筋肉の膜「筋膜」の連動は全身から繋がっています。

痛みのある足の裏を直接施術するだけの「対処療法」では、底に穴の開いた舟で一生懸命水を掻き出すようなものです。その時は症状が軽減しますが、またすぐに同じ問題が起こってしまいます。

大切なのは、舟底の穴を見つけて塞ぐ「根本療法」です。原因から改善すれば、痛みが出にくい身体になります。

まずはあなたの足底筋膜炎の原因となる歪みやクセを見つけることで、根本から改善しましょう。

 

足底筋膜炎の原因

当院では足底筋膜炎を直接的な原因から大きく2つに分けて考えています。

1つは足底筋膜が働くための「足底のアーチの問題」

そしてもう1つは直接足底筋膜に繋がる「筋膜の連動の問題」です。

そこで、まずは足と足底筋膜の構造を見てみましょう。

足は趾骨(指の骨)が14本、中足骨が5本、足根骨が7個、種子骨2個で片足28個・両足で56個の骨で構成されています。

全身に約208個の骨があるといわれていますが、足だけで4分の1もあることから動きや働きが複雑なのがわかります。

そして、これらの骨が靱帯や関節包でガッチリとつながれて、内側縦アーチ(内側足弓)、外側縦アーチ(外側足弓)、横アーチ(横足弓)の3つのアーチを作っています。

この縦横のアーチは、地面に足が着いた時に衝撃を吸収するクッションのような役割をしていますが、その時に一緒に働くのが足底筋膜です。

そのため、もし3つのアーチのどれか一つでも上手く働かなければ、その分足底筋膜に負担がかかってしまいます。

また、足底筋膜はアキレス腱と筋膜で連動しているため、アキレス腱の緊張が足底筋膜に負担をかけて足底筋膜炎を起こします。

そこで「なぜアーチが働かなくなるのか?」と「なぜアキレス腱が緊張するのか?」のよくある例をいくつかご紹介致します。

【原因1】ふくらはぎの中の筋肉が使えていない(アーチの問題)

足や足の指を動かす筋肉の多くがふくらはぎの中にあり、これらが足底のアーチを作っています。

特に後脛骨筋と言うスネの内側についている筋肉は直接アーチを引き上げるため、この筋肉が使えていないとアーチが崩れて足底筋膜炎になるだけでなく、偏平足や外反母趾、内反小趾などにもなります。

そのため、足底筋膜炎の方は偏平足や外反母趾、内反小趾などの症状を併発していることが多いのです。

一般的に、足の指を鍛える「タオルギャザー運動」などが足底筋膜炎の改善に良いと言われたり、それで改善するのは、これが原因の場合です。

【原因2】歪みによる重心の異常(アーチの問題)

試しに、地面に足底を着けた状態で膝を内側に入れるようにしてみてください。

足のアーチが落ちるのが実感できると思います。

逆に外側にすればアーチが浮きすぎて小指重心になってしまいます。

このように、重心の位置によって地面に接するアーチは影響を受け、正しくない重心の位置になるとアーチも正しい働きができなくなってしまいます。

重心の位置は、背中を丸めたり身体を捻るだけでも変わります。

つまり、身体の歪みによってアーチは正しく働けなくなり、その負担が足底筋膜にかかれば足底筋膜炎になるのです。

足底筋膜炎の方がO脚やX脚を併発するのはこのような原因からです。

【原因3】お尻の筋肉の緊張(アーチの問題)

スネの内側にある筋肉以外に、アーチを作る筋肉で大事なのがスネの外側にある「腓骨筋」です。

腓骨筋は太モモの外側の靭帯「腸脛靭帯」を介してお尻の筋肉についているため、お尻の筋肉(大殿筋、中殿筋、小殿筋、外旋六筋など)が緊張すると腓骨筋が緊張してアーチが働きにくくなります。

お尻の筋肉は人体の中でも大きな筋肉なので、それだけ大きい力を発揮しますし、様々な動きに関係があるので、お尻の筋肉の緊張は【原因2】でもお伝えした歪みや姿勢の問題からも起こります。

【原因4】ふくらはぎの疲労(アキレス腱の問題)

ふくらはぎの表面の筋肉(下腿三頭筋)がアキレス腱を介して踵に付き、足底筋膜に連動しているため、ふくらはぎの筋肉が疲れやすい身体の使い方をすると足底筋膜炎になります。

走る時は骨盤を前傾して脚を後ろに出しますが、骨盤が正しく使えず後傾していると、脚を前に出す走り方になります。

脚を前に出す走り方だと、太ももの裏側を使って後ろに「押す」動きでなく、足首を使ってふくらはぎの筋肉で「引く」動きをしなくてはならず、ふくらはぎの筋肉が疲労しやすく、緊張して足底筋膜を引き剥がしてしまいます。

また、骨盤が前傾できない原因が骨盤自体ではなく肋骨の場合もあります。

試しに、背中を丸めてみてください。

動かそうとしなくても、お尻は後ろに倒れて骨盤が後傾してしまいます。

肋骨と骨盤は常に連動して動いているため、猫背などで肋骨が閉じて背中が丸まると、必ず骨盤が後傾してしまいます。

このようにふくらはぎが疲労しやすくなる身体の使い方が原因で足底筋膜炎になっている場合もあります。

【原因5】頭蓋骨の歪み(アキレス腱の問題) 

足底筋膜はアキレス腱を介してふくらはぎの筋肉に連動していますが、その筋膜の連動は太ももの裏側を通り、骨盤、背中、そして首の後ろから頭のてっぺんに帽子状の筋膜(帽状腱膜)として頭蓋骨に付いています。

そのため、頭蓋骨が歪むと帽状腱膜が緊張し、筋膜の連動で足底筋膜に負担をかけます。

「頭蓋骨って歪むの?」と驚かれる方も多いのですが、頭自体の骨格である「頭蓋骨」はヘルメットのような1つの骨で出来ているのではなく23個の骨で出来ています。この骨の繋ぎ目は一般的に動かないといわれてはいますが、全く動かないわけではありません。

その繋ぎ目の部分がほんの僅かずつ動くことで、頭全体の歪みを作ってしまうのです。

指の関節などと違って1つの骨だけが動くようなことは出来ず、ルービックキューブのように23個の骨が連動して動くため、数ミリの頭蓋骨の歪みでも、表面にある帽状腱膜に大きな負担をかけることで緊張してしまいます。

また、頭蓋骨の歪みは頭痛や眼精疲労などの原因にもなります。

足底筋膜炎だけでなく、頭痛や眼精疲労でもお悩みの方は、頭蓋骨の歪みが原因かもしれません。

このように当院では、足底筋膜炎の原因を様々な可能性から考えることで、根本的な原因を見つけて最短で足底筋膜炎の症状を改善するだけでなく再発しない状態まで導いていきます。

整形外科で手術を勧められていたヘルニアと足の痛みが改善して、またランニングができるように!

お客様写真

脊柱管狭窄症とヘルニアによる症状が酷く、整形外科で手術を勧められて悩んでいたところ、友人の紹介でO.C.Laboを知りました。

半年ほど通院させて頂き、ストレッチ等の自宅での対処方法を教えていただき、だいぶ症状も改善され、腰の痛みもとれ、向う脛の張りも無くなり、足底筋膜炎の痛みとモートン病の痺れで3km程しか走れなくなっていたランニングもまた出来るようになりました。

ランニングで故障された方には是非、お勧めしたいと思います。

長谷川公一郎 クリーニング業

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

外反母趾・内反小趾・モートン病の痛みから解放されて子供と遊ぶことが楽しめています

お客様写真
押方先生の所に初めて訪れたのは、3年ほど前に外反母趾・内反小趾になってしまって近くの整形外科に行っても効果のない治療ばかりで回復の兆しが持てないと思い、知人紹介して通うようになりました。
押方先生は、足の調子はもちろんのこと体の痛い所、些細な違和感や変化を細かく聞いて下さりどういう施術を施したらいいのか、毎回真剣に考えてらして、行くたびにだんだんと足の甲の形が変わってきたんです。
「私の足はこういう形になるんだ!正常な形(キレイなアーチ形)をしてしてる!」と驚きましたし、とても嬉しく思いました!
外反母趾・内反小趾と同時期にモートン病にもなってしまって、本当に痛くて歩くのもびっこを引きながら、走る事も半ばあきらめていたんですけど、行く度に新しい施術の方法を研究して下さっていてそれを受ける度に、額に汗し真剣に私の体や足を治してくれる姿を見てとても有り難く思いました。
自宅や空き時間に出来るストレッチを教えてもらい、今はモートン病のあんなに辛かった痛みから解放されて外反母趾・内反小趾も良くなってきて、何より走る事はもちろん、ジャンプも出来るようになって足へのストレスが減りました!
子育て中なので、子供と一緒に遊ぶことが出来て楽しく過ごしています!
押方先生、いつも本当にありがとうございます^ – ^
これからも宜しくお願い致します!

扇真澄様 接客業

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

足底筋膜炎にO.C.Laboができること

O.C.Laboでは細かいカウンセリングと検査によって、その症状の原因となる歪みやクセを的確に見つけるので、根本から改善ができます。

 

さらに、原因や対処法まで「学べる整体院」なので、何度も同じ症状に悩まされることもなくなります。

 

そのため「また痛くなったらどうしよう…」という心配もなくなり、限りある貴重な時間とお金を、これまで以上に掛けたいものに掛けられるようになります。

 

また痛みや痺れが楽になるだけでなく、ダイエットやスポーツなど「その先の目的」に合わせた整体やセルフケアを学ぶことで、スタイルアップやパフォーマンスアップまでできるようになります。

 

当院でご自分の身体のことをもっと知って、今まで以上に自由に楽しみましょう。

今までも運動前や疲れが溜まっている時にストレッチをしたり、治療院でも患者様にお伝えしたりすることはありましたが、正直なところあまり効果を実感することはできませんでした。
しかし、OCLストレッチを受けて「ストレッチ」に対する認識が変わりました。
体が楽になるだけでなく、体が上手く使えるようになり力が入るようになったりと、その場で明らかに自分の動作が変化していくのが実感でき、とても驚きました。
また、実際の現場においては治療にもセルフケアにも活かすことができ、多くの患者様に喜んでいただいています。
日々の痛みの予防から、パフォーマンスアップまで対応できるので
今後も使い続けたいと思っています。押方先生、ありがとうございます。

柔道整復師 三村先生

 

ストレッチって誰にでもできると思っていませんか?
「気持ちよく筋肉を伸ばせばいいじゃん」な~んて簡単に思っていませんか?
押方先生のOCLストレッチ講座は確かな解剖学・生理学理論のもと、 深い洞察力と氏自身が現役のキックボクサーである経験がいかされています。

具体的にいうと、どの関節をどのような順番でどう動かせば体に「効き、機能的に動くのか」を熟知している。

実際、講座を受けた私の感想は「なるほど!」の連続で次の日から即、臨床で使えるものばかりでした。

普段から体を伸ばすことは意識しておりましたが、正しいOCLストレッチを学び実践することでまさに「自分の体に整体をする」効果が認識できます。

もしかしてこれは治療家泣かせなのでは(笑)と思うくらい。

スポーツや格闘技・ 美容効果も高いOCLストレッチを使わないてはないですね。

柔道整復師 弟子丸先生

 

まず始めに伝えたいことはこんなに効果のあるストレッチはありません!

ここまで短時間でカラダが軽くなりかつ、カラダの動きまで良くしてしまうストレッチは他にはないからです。

学生時代にこのストレッチがあれば自分自身のパフォーマンスや疲労回復に役立ったのになと、今の時代の学生達が少しだけずるいなと思ってしまうほどです!

今学生さんたちのサポートする側になって怪我をしてる学生さんのケアあったり、パフォーマンスのアップに役立たせていただいております

もちろん治療家として、普段忙しくて時間がとれないという方へのアドバイスに、簡単に出来てカラダが楽になってしまうストレッチとして指導をすると大好評ですので、患者さんへアドバイスを迷っている方へもオススメです!

このストレッチでたくさんの方の指導に役立たせていただこうと思っています!ありがとうございます!

柔道整復師 南先生

 

足底筋膜炎の方にオススメのメニュー

全身整体

筋骨格系(筋肉や関節や筋膜)を整えるO.C.Laboの基本メニューです。

細かい検査によって根本原因から改善するので、即効性があるだけでなく効果が長持ちします。

 

・野球肩、テニス肘、ゴルフの腰痛、オスグッド、ランナーズニー、ジャンパーズニー、足底筋膜炎、鵞足炎、シンスプリント、グロインペイン、などのスポーツ障害

・股関節痛、変形性膝関節症、四十肩、五十肩、肘痛、膝痛、背部痛、ギックリ腰、外反母趾、へバーデン結節などの筋肉・関節・筋膜の症状

・腱鞘炎、慢性の首痛、慢性肩こり、慢性腰痛、ストレートネック、猫背などの日常の生活習慣による慢性症状

 

など、痛みやコリにお悩みの方にオススメのメニューです。

「もっと自由に楽しむための知識を身に付けてもらいたい」

痛みや不安を抱えながらスポーツやお仕事など日々の生活を送るのでは心から楽しむことができません。

痛みや不安を抱えていると、あなたの大切な時間やお金を自由に使うことができません。

 

そして、多くの痛みや不安の原因は「知らない」から起こります。

当院は、あなたの身体にあわせた「あなたのための知識」を学んで頂くことで、日々の生活をもっと自由に楽しめるようになってもらうための整体院です。

 

もし今あなたが身体の痛みや不安に悩んでいるならば、まずはお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加