肘の痛み

肘の痛み

肘の痛み

こんなお悩みありませんか?

  • ゴルフやテニスをしていると肘が痛くなる
  • パソコンなど、手のひらを下に向ける動きをすると肘が痛い
  • ドアノブを捻ったりタオルを絞ると痛い
  • 物を持ったりペットボトルを開ける時に痛い
  • 肘の内側や外側の出っ張りを押すと痛い

なぜ肘が痛くなるの?

肘の関節は、肩から肘までの「上腕骨」と、肘から手首までの「橈骨(とうこつ)」と「尺骨(しゃっこつ)」という三本の骨によってできていて、肘の曲げ伸ばしや肘を捻る動きに使われる重要な関節です。

また、肘を動かす筋肉だけでなく、手首を捻る動きや指の曲げ伸ばしの筋肉も付着しているため、腕を使う時には必ず関係のある関節です。そのため、関節や筋肉に負担がかかりやすく、肘周辺の筋肉が硬くなることによって肘の付着部に負担がかかり、炎症や痛み、動きが悪くなります。

スポーツでは「テニス肘」「ゴルフ肘」「野球肘」など、競技によって負担のかかり方が違い、肘の外側や内側に痛みが出ます。

肘の痛みがひどくなると

肘の痛みや動きの悪さがひどくなると、肘の代わりに肩や手首で本来の動きとは違う使い方をするため、肩や手首の痛みの原因になるだけでなく、フォームの乱れなどのスポーツパフォーマンスの低下や思わぬ怪我にも繋がります。

肘の痛みの原因

肘周辺の筋肉が緊張することで肘が痛くなりますが、そもそも「なぜ肘の筋肉が緊張しているのか?」から考えなくては根本解決になりません。

試しに椅子に座って背中を丸めてみてください。

動かそうとしなくても、顎が前に出て首の後ろはつまり、お尻は後ろに倒れて骨盤が後傾してしまいます。

同様に胸を張って座ろうとしても、お尻を倒して座れば自然と背中は丸まります。

全身は連動して動いているので、どこかに歪みや動きの悪さがあるとそれをかばって他の部分にまで負担をかけてしまいます。

その状態で腕を動かすと動きにくいことが実感できると思いますし、疲れがたまって腕の筋肉が緊張するのが分かると思います。

肘に直接付着している筋肉だけでも、腕だけでなく肩や指から無数に繋がっていますし、筋肉の膜である「筋膜」も全身で繋がっているため、骨盤や肋骨などの歪みによって肘に負担をかけて緊張させているのです。

このように常に全身は連動して動いています。

そのため、全身の様々な部分の歪みが肘の痛みの原因になるのです。

肘の痛みを原因から改善するには

痛みのある肘を直接施術するだけの「対処療法」では、底に穴の開いた舟で一生懸命水を掻き出すようなものです。その時は症状が軽減しますが、またすぐに同じ問題が起こってしまいます。

大切なのは、舟底の穴を見つけて塞ぐ「根本療法」です。原因から改善すれば、コリや痛みが出にくい身体になります。

まずはあなたの肘の痛みの原因となる歪みやクセを見つけることで、根本から改善しましょう。

トレーニングの肘痛でずっと悩んでいたのにその場でなくなりビックリ!

お客様写真

トレーニングをしていた時、無理な身体の使い方をしたせいで左肘を傷めてしまい、仕事や練習でも痛みが出て動かせなくなっていました。

友人の紹介でO.C.Laboの施術を受けたら、今までずっと痛みで悩んでいた時間がその場でなくなってしまい、正直びっくりしました。

押方先生自身も格闘技をやっているので、どんな時にどう痛めたのかの説明がしやすく、すぐに理解もして頂けて、今度は痛めないように身体の使い方や自身で出来るケア(OCLストレッチ)も細かく教えてくれました。

身体のクセや、だからここを痛める等の説明も、とてもわかりやすく、あまり身体の仕組みに詳しくなくても理解出来ると思います。

自分自身のトレーニングのヒントにもなったので「学べる整体院」の意味がとてもしっくりと理解できました。

房野哲也様 整体師・格闘家

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

どの治療院に行っても治らない痛みで諦めかけていたバドミントンが、ブランクを感じない程に復活出来ました。

お客様写真

押方先生にお世話になり始めたのは、今年の冬です。
昨年の夏に、肘を痛めました。私はバドミントンをしているのですが、プレー中に急に痛みを感じ、それ以降はシャトル打つのみならず、洗濯バサミをつまむ、箸を使う、筆記をする、引き出しの開け閉め、等々、日常生活での様々な動作にも支障をきたし、本当に困っていました。

近所の鍼灸、マッサージ、整体、筋膜リリース等々に通ってみましたが、いずれもある一定期間の痛みの軽減を感じることは出来たものの、痛みが無くなることは無く、このままずっと日常でも痛みを抱えながらバドミントンはもう諦めようかと悩んでいました。

そんな頃に、以前購入していたOCLストレッチのDVDをしてみたところ、どのストレッチが効いたのかはわからないのですがその効果を感じたので、勇気を出して治療をおねがいすることにしました。HPの『みなさまの声』を読んだことも後押しとなりました。

押方先生の見立てでは、週に1回の治療で1か月で何とかしてくださるとのこと。
初回数日後に痛みは出てしまいましたが、幼少期からの手の親指の骨の位置のずれが、肋骨周りのストレッチでいつの間にか1週間の内に治っていたのが不思議でした。
その後、毎回新しいストレッチを教えて頂き、1か月後には本当に痛みは激減して、もうやめようかと思っていたバドミントンの試合に治療開始から1か月半後には出ることができ、半年以上のブランクは殆ど無いくらいに復活できました。

サボっていたDVDもまた開始し、また私の骨格に合ったストレッチもオススメ頂いてそれも併せて行っています。
バドミントンのサークルで体幹トレーニングをしますが、私は特に厳しいトレーニングをしているわけではありませんが、色々なポーズが簡単にできるようになっていました。
ОCLだけを日常の合間合間にやっています。30分はかからないとおもいます。

ОCLストレッチは、ある筋肉か骨格にピンポイントに効いているようです。
コツはストレッチのプロセスを丁寧に、です。
初期はやっているのに効いてないな~とか、どこに効いているのか分からないと思うこともありましたが、どうもやり方が雑だったり、動作の向きが間違っていたりしたようです。
また、あまりに単純な動作で、本当に効くのかな~と思えるストレッチ程よく効いていたのも実感しました。

現在はストレッチの見直し、又は新たに治したいクセ等をなどのために、当初より間隔を空けて通っています。
治療費は一見お高く感じるかと思いますが、ほぼ完治したこと、パフォーマンスアップを感じることを考えると、近所で何度も通うのと料金的には変わらなくなると思います。
痛みを感じたときは習ったストレッチを繰り返せば自分で治せるのがすごいです。

S.K様 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ダーツの肘痛、肩痛、腰痛の悩みがOCLストレッチで激減しました

お客様写真

職業柄、肩こり、腰痛になりやすくマッサージや整体に通う事が多かったのですがOCLストレッチを覚えてからは自分でメンテナンスが出来る為、全くいかなくなりました。
へたなマッサージなどに行くより効果があり、時間もお金も節約できます。

『怪我の予防』
ダーツもスポーツなので怪我はつきもの、特に肘・肩・腰に痛みが出ることが多かったのですが、OCLストレッチを覚えてからは体の事で悩まされる事が激減しました。

『パフォーマンスアップ』
確実にパフォーマンスが上がります。特に試合の合間などストレッチをすると筋肉がほぐれ、緊張で身体がガチガチになって動かない!!なんて事はなくなりました。
また、長丁場で疲労が溜まった場合でもストレッチをする事により疲労軽減、パフォーマンスの維持に繋がります。
身体に不安がないのでプレイに集中でき、いつも以上の結果に繋がっていきます。

中田雄様 プロダーツプレイヤー

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

肘の痛みにO.C.Laboができること

O.C.Laboでは細かいカウンセリングと検査によって、その症状の原因となる歪みやクセを的確に見つけるので、根本から改善ができます。

 

さらに、原因や対処法まで「学べる整体院」なので、何度も同じ症状に悩まされることもなくなります。

 

そのため「また痛くなったらどうしよう…」という心配もなくなり、限りある貴重な時間とお金を、これまで以上に掛けたいものに掛けられるようになります。

 

また痛みや痺れが楽になるだけでなく、ダイエットやスポーツなど「その先の目的」に合わせた整体やセルフケアを学ぶことで、スタイルアップやパフォーマンスアップまでできるようになります。

 

当院でご自分の身体のことをもっと知って、今まで以上に自由に楽しみましょう。

今までも運動前や疲れが溜まっている時にストレッチをしたり、治療院でも患者様にお伝えしたりすることはありましたが、正直なところあまり効果を実感することはできませんでした。
しかし、OCLストレッチを受けて「ストレッチ」に対する認識が変わりました。
体が楽になるだけでなく、体が上手く使えるようになり力が入るようになったりと、その場で明らかに自分の動作が変化していくのが実感でき、とても驚きました。
また、実際の現場においては治療にもセルフケアにも活かすことができ、多くの患者様に喜んでいただいています。
日々の痛みの予防から、パフォーマンスアップまで対応できるので
今後も使い続けたいと思っています。押方先生、ありがとうございます。

柔道整復師 三村先生

 

ストレッチって誰にでもできると思っていませんか?
「気持ちよく筋肉を伸ばせばいいじゃん」な~んて簡単に思っていませんか?
押方先生のOCLストレッチ講座は確かな解剖学・生理学理論のもと、 深い洞察力と氏自身が現役のキックボクサーである経験がいかされています。

具体的にいうと、どの関節をどのような順番でどう動かせば体に「効き、機能的に動くのか」を熟知している。

実際、講座を受けた私の感想は「なるほど!」の連続で次の日から即、臨床で使えるものばかりでした。

普段から体を伸ばすことは意識しておりましたが、正しいOCLストレッチを学び実践することでまさに「自分の体に整体をする」効果が認識できます。

もしかしてこれは治療家泣かせなのでは(笑)と思うくらい。

スポーツや格闘技・ 美容効果も高いOCLストレッチを使わないてはないですね。

柔道整復師 弟子丸先生

 

まず始めに伝えたいことはこんなに効果のあるストレッチはありません!

ここまで短時間でカラダが軽くなりかつ、カラダの動きまで良くしてしまうストレッチは他にはないからです。

学生時代にこのストレッチがあれば自分自身のパフォーマンスや疲労回復に役立ったのになと、今の時代の学生達が少しだけずるいなと思ってしまうほどです!

今学生さんたちのサポートする側になって怪我をしてる学生さんのケアあったり、パフォーマンスのアップに役立たせていただいております

もちろん治療家として、普段忙しくて時間がとれないという方へのアドバイスに、簡単に出来てカラダが楽になってしまうストレッチとして指導をすると大好評ですので、患者さんへアドバイスを迷っている方へもオススメです!

このストレッチでたくさんの方の指導に役立たせていただこうと思っています!ありがとうございます!

柔道整復師 南先生

 

肘痛の方にオススメのメニュー

全身整体

筋骨格系(筋肉や関節や筋膜)を整えるO.C.Laboの基本メニューです。

細かい検査によって根本原因から改善するので、即効性があるだけでなく効果が長持ちします。

 

・野球肩、テニス肘、ゴルフの腰痛、オスグッド、ランナーズニー、ジャンパーズニー、足底筋膜炎、鵞足炎、シンスプリント、グロインペイン、などのスポーツ障害

・股関節痛、変形性膝関節症、四十肩、五十肩、肘痛、膝痛、背部痛、ギックリ腰、外反母趾、へバーデン結節などの筋肉・関節・筋膜の症状

・腱鞘炎、慢性の首痛、慢性肩こり、慢性腰痛、ストレートネック、猫背などの日常の生活習慣による慢性症状

 

など、痛みやコリにお悩みの方にオススメのメニューです。

「もっと自由に楽しむための知識を身に付けてもらいたい」

痛みや不安を抱えながらスポーツやお仕事など日々の生活を送るのでは心から楽しむことができません。

痛みや不安を抱えていると、あなたの大切な時間やお金を自由に使うことができません。

 

そして、多くの痛みや不安の原因は「知らない」から起こります。

当院は、あなたの身体にあわせた「あなたのための知識」を学んで頂くことで、日々の生活をもっと自由に楽しめるようになってもらうための整体院です。

 

もし今あなたが身体の痛みや不安に悩んでいるならば、まずはお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加