O.C.Labo7つの特徴

O.C.Labo7つの特徴

1.最短で最善の結果を出せる

一分一秒でも早く痛みや不調をとって現場に戻りたい!そして最高のパフォーマンスを出したい!

そんなアスリートのシビアな要望にも応えられるよう、当院は施術の結果を最重要視しています。

 

細かい検査とカウンセリングによって症状の根本原因を的確に見つけ出し、筋肉、筋膜、皮膚、関節、自律神経、脳、内臓、神経、血管、骨膜、ホルモンなど様々なアプローチであなたに最適な施術を行うため、改善のスピードと効果が違います。

 

「何度も再発する不調がある」

「どこに行っても改善しない」

「とにかく早く良くなりたい」

などでお悩みの多くの方が来院され、しっかりと結果を出しています。

2.毎回のカウンセリングで根本原因を見つける

当院では初診時だけでなく来院ごとに毎回、検査とカウンセリングを行います。

検査結果をもとに「こんな使い方してませんか?」「こんな食生活をしていませんか?」など、カウンセリングをすることであなた自身が気付かなかったクセや生活習慣などの根本原因を見つけて共有していきます。

 

そのため、2回目、3回目と来院しカウンセリングと施術の回数を重ねるたびに更に深い原因を見つけ出し、その時のあなたに最善の施術を行う事ができます。

そして、ご自身にもそれを知って頂くことで、練習中や日常生活での注意点がわかるので改善スピードが更に上がるだけでなく、再発を防止できるようになります。

 

病院や整体で、

「原因不明です」

「特に問題ありません」

「様子を見ましょう」

「使い過ぎです」

「年だからしょうない」

と言われた方やいつまでも整体に通いたくない方も、本当の原因を知ることで根本改善が可能になります。

3.院長は「教えるプロ」

院長は、全国の整体院や接骨院の院長先生といったプロの施術家向けの技術セミナーを10年以上続けており、その内容は「論理的で分かりやすい!」と好評頂いています。

また、キックボクシングジムでトレーナーを14年間務めていた時は「できない側の立場に立った説明」が好評でした。

 

つまり、専門家も納得の知識を誰でも理解できるように伝えられる「教えるプロ」!

 

常に「楽しく分かりやすく」を心掛けてご説明しています。

ご自身のお身体について興味のあることや知りたいことがある時は、施術中に遠慮なくご質問ください!

4.論理的にパフォーマンスアップができる

あなた自身の身体のことや身体の使い方を感覚的でなく論理的に知ることができるので、再現性が高く練習効果も高まり更なるパフォーマンスアップが可能になります。

 

「人よりも努力しているのに思うような結果に繋がらない…」

「コーチや先生の言う事が感覚的で良く解らない…」

「思い通りに身体が使えない…」

「スランプになってしまった…」

などでお悩みの方に、

 

「コーチの言っていたのはこういう事か!」

「今までできなかった事ができるようになった!」

と好評いただいています。

5.様々なスポーツに対応可能

競技特有の動き「技術」の土台となる「柔軟性」と「身体の使い方」に特化し「人間の身体を上手に使う」ことを目的としているので、様々なスポーツに対応可能です。

 

また、一般的に整体の後は練習などしないように言われる事が多いのですが、当院の整体では「脱力」や「連動」など身体が上手に使えてパフォーマンスが上がっているため、練習効果が高まるのでスポーツをされる方には練習前のご来院をオススメしております。

6.自分で改善できるようになる

当院の整体を自分自身にできるセルフ整体「OCLストレッチ」をご指導致します。

 

あなたの身体に合わせたあなた専用のストレッチプログラムを組んでいくことで、より効率的に身体を改善に導くことができます。

 

いつでもどこでも自分を整体できるので、練習中に痛みや動きにくさを感じた時にもご自分で改善できるようになります。

OCLストレッチについて

7.アスリートの立場に立った対応

院長自身がプロキックボクサーだったので痛みや不調に悩むアスリートの気持ちがわかります。

 

病院では練習を休むように言われた状態の時でも

「痛みがあるけど練習したい」

「本番までに何とかして欲しい」

「練習中や試合会場で改善できる様になりたい」

「再発を防ぐためにも原因をしっかり知りたい」

「最高のパフォーマンスが出せるようになりたい」

など、あなたの気持ちに応えられるように、そして今まで以上の記録や結果が出せるように、日々勉強と研究を続けることで常に最善を尽くしています。

 

もし、病院や他の整体院では断られた様な事でも、本当に改善したい事があるのならば諦めずにご相談ください!

院長紹介はこちら