整形外科に行っても肩が挙がらない

70代 主婦

主訴 左肩が動かない
・肩が前にも横にも90度以下しか動かない
・頭の後ろや腰の後ろに手がいかない
・座って後ろのものをとる動きができない
・寝る時に痛む

整形外科で五十肩と診断され3ヶ月通院しても全く改善せずご紹介で来院

初診
検査の結果、肩や腕自体の問題よりも胃と頭蓋骨と肋骨の緊張が強くでていました。
胃の施術で、肩が前と横に140度位まで上がるようになりました。
頭の施術で、仰向けや寝返りの痛みが改善。
肋骨の施術で、後ろに手が上がるようになりました。

年齢的な身体への負担も含め肩自体の施術は行いませんでしたが、頭の後ろに手を挙げることができるようになったので、胃の緊張を改善するOCLストレッチをご指導しました。

肩を全く触らずにどんどん痛みや動きが改善していくことに随分と驚かれていましたが、その分肩自体が原因でない事をしっかり実感頂けました。
以前から腰痛が時々でるとのことでしたので、たぶん胃腸が原因だと思われます。
肩の治療も含めて内臓がメインでやっていきましょうとお伝えしました。

二診目(4日後)
当日の夜から痛みなく寝れたが、今日の明け方に疼き出して目が覚めた。

肩の動きは初診の術後からキープできている。

施術の方向性は問題なさそうなので、前回同様に内臓中心で頭と肋骨を施術しました。

今回も肩の施術は行いませんでしたが、さらに可動域が上がりご本人も相当喜んでました。

前回ご指導したストレッチをチェックして正しくできるようにしました。

三診目(初診から14日後)
普段の生活でできる事が増えてほとんど困る事はなくなった。

特に座った状態で後ろの物を取る動きがかなりできる様になった。

2日前から寝返りで疼くようになり、前回1週間後の来院をオススメしたのを実感頂けました。

前回同様の施術をすると、肩や腕に反応が出てきたので、初めて肩も施術しました。
腰に手を回す動きがかなり改善しました。

肩の動きを良くするため、肩甲骨のOCLストレッチをご指導しました。

 

スポーツの肩痛について詳しくはこちら

スポーツの肩痛