パフォーマンスアップも学べる

パフォーマンスアップも学べます

「分る」事は「分ける」事

例えば、同じように見える「腰を捻ると痛い」という症状でも、大きく分けて2つの原因があるのをご存知ですか?

 

1.肋骨や骨盤の柔軟性が低いために腰に負担がかかる「柔軟性」

2.体幹が正しく動かせていないために腰に負担がかかる「使い方」

 

原因が違えば対応も大きく変わります。

どんなに効果のある施術やアドバイスも、見当違いに行っては結果に繋がらないだけでなく、かえって悪化させてしまうことも…

同様にスイングやパンチなど、その競技特有の動きである「技術」が上手くいかない時に、土台になる、身体の「柔軟性」と「使い方」の状態を考えずに、ただ漠然と素振りやミット打ちなど「技術」の練習をしていてもなかなか結果に繋がりません。

 

それどころか、身体の動きや使い方が悪い状態で練習をすれば、無理な負担をかけたり間違ったクセがつきケガをしたりスランプになってしまいます

学べば今まで以上の結果が出せる!

逆を言えば、これらをあなた自身が理解することで、身体を無理なく上手に使って練習ができるので、ケガやスランプの予防になるだけでなく、今まで以上に練習の効果が高まり更なるパフォーマンスアップも可能になるという事です。

 

もしあなたが、

「人よりも努力しているのに思うような結果に繋がらない…」

「一生懸命練習するとケガばかりする…」

「コーチや先生の言う事が感覚的で良く解らない…」

などのお悩みを抱えているのであれば今すぐご連絡ください。

 

あなた自身の身体の使い方や知識を学んで、スポーツだけでなく趣味やお仕事などでも今まで以上の結果を出しましょう!