肋間神経痛

肋間神経痛

肋間神経痛

こんなお悩みありませんか?

  • クシャミや咳をすると胸が痛い
  • 身体を捻ると肩甲骨の奥や胸の奥が痛い
  • 肋骨に沿って痛みがある

肋間神経痛とは?

肋間神経痛とは、左右に12対ある肋骨の間にある神経「肋間神経」が、筋肉の緊張や関節の歪みなど何らかの原因で障害を受けて痛みを感じる症状です。

 

肋間神経痛を改善するには?

肋間神経痛の治療として、病院では薬や注射などで一時的に痛みを抑えて対応しますが、それでは一時的な「対処療法」にしかなりません。

結局、薬が切れれば「また痛い…」を繰り返すのです。

大切なのは原因から改善する「根本療法」です。

 

肋間神経痛の原因は「身体の歪み」

病院で肋間神経痛の症状が改善されない場合に次に考えるのが「身体の歪み」です。

整体院などで骨盤や肋骨自体の歪みを改善してみて肋間神経痛が改善する場合も多くあります。

 

しかし、骨盤や肋骨の歪みをとってもまた痛みがでてしまう…

そんな場合は、骨盤や肋骨を歪めてしまう原因が他にあるという事です。

身体の歪みの原因は「内臓」と「頭蓋骨」

骨盤や肋骨を直接アプローチしてもすぐに歪んでしまったり、肋間神経痛の症状が改善しないという事は、身体を歪ませている原因が筋肉や関節以外にあるという事です。

それが「内臓」と「頭蓋骨」です。

 

内臓が身体の内側に癒着してしまうことで身体を内側から歪ませてしまうことが多くあります。

特に肋骨は肺や心臓を包んでいるだけでなく、肋骨の動きに影響の大きい「横隔膜」には肝臓や胃がくっ付いているので、内臓の影響を受けやすく、内臓が原因で肋間神経痛になっている方が臨床上とても多くみられます。

そして、意外と多いのがこの頭蓋骨の歪みです。

「頭蓋骨って歪むの?」と驚かれる方も多いのですが、頭自体の骨格である「頭蓋骨」はヘルメットのような1つの骨で出来ているのではなく23個の骨で出来ています。この骨の繋ぎ目は一般的に動かないといわれてはいますが、全く動かないわけではありません。

その繋ぎ目の部分がほんの僅かずつ動くことで、頭全体の歪みを作ってしまうのです。

指の関節などと違って1つの骨だけが動くようなことは出来ず、ルービックキューブのように23個の骨が連動して動くため、数ミリの頭蓋骨の歪みでも、表面にあるコメカミや後頭部などの筋肉に大きな負担をかけることで緊張してしまいます。

コメカミの筋肉は筋膜を介してわき腹まで繋がり、後頭部の筋肉は背骨や骨盤まで繋がっているので、肋骨や骨盤の歪みが起こります。

肋間神経痛にO.C.Laboができること

O.C.Laboでは細かいカウンセリングと検査によって、その症状の原因となる歪みやクセを的確に見つけるので、根本から改善ができます。

 

さらに、原因や対処法まで「学べる整体院」なので、何度も同じ症状に悩まされることもなくなります。

 

そのため「また痛くなったらどうしよう…」という心配もなくなり、限りある貴重な時間とお金を、これまで以上に掛けたいものに掛けられるようになります。

 

また痛みや痺れが楽になるだけでなく、ダイエットやスポーツなど「その先の目的」に合わせた整体やセルフケアを学ぶことで、スタイルアップやパフォーマンスアップまでできるようになります。

 

当院でご自分の身体のことをもっと知って、今まで以上に自由に楽しみましょう。

今までも運動前や疲れが溜まっている時にストレッチをしたり、治療院でも患者様にお伝えしたりすることはありましたが、正直なところあまり効果を実感することはできませんでした。
しかし、OCLストレッチを受けて「ストレッチ」に対する認識が変わりました。
体が楽になるだけでなく、体が上手く使えるようになり力が入るようになったりと、その場で明らかに自分の動作が変化していくのが実感でき、とても驚きました。
また、実際の現場においては治療にもセルフケアにも活かすことができ、多くの患者様に喜んでいただいています。
日々の痛みの予防から、パフォーマンスアップまで対応できるので
今後も使い続けたいと思っています。押方先生、ありがとうございます。

柔道整復師 三村先生

 

ストレッチって誰にでもできると思っていませんか?
「気持ちよく筋肉を伸ばせばいいじゃん」な~んて簡単に思っていませんか?
押方先生のOCLストレッチ講座は確かな解剖学・生理学理論のもと、 深い洞察力と氏自身が現役のキックボクサーである経験がいかされています。

具体的にいうと、どの関節をどのような順番でどう動かせば体に「効き、機能的に動くのか」を熟知している。

実際、講座を受けた私の感想は「なるほど!」の連続で次の日から即、臨床で使えるものばかりでした。

普段から体を伸ばすことは意識しておりましたが、正しいOCLストレッチを学び実践することでまさに「自分の体に整体をする」効果が認識できます。

もしかしてこれは治療家泣かせなのでは(笑)と思うくらい。

スポーツや格闘技・ 美容効果も高いOCLストレッチを使わないてはないですね。

柔道整復師 弟子丸先生

 

まず始めに伝えたいことはこんなに効果のあるストレッチはありません!

ここまで短時間でカラダが軽くなりかつ、カラダの動きまで良くしてしまうストレッチは他にはないからです。

学生時代にこのストレッチがあれば自分自身のパフォーマンスや疲労回復に役立ったのになと、今の時代の学生達が少しだけずるいなと思ってしまうほどです!

今学生さんたちのサポートする側になって怪我をしてる学生さんのケアあったり、パフォーマンスのアップに役立たせていただいております

もちろん治療家として、普段忙しくて時間がとれないという方へのアドバイスに、簡単に出来てカラダが楽になってしまうストレッチとして指導をすると大好評ですので、患者さんへアドバイスを迷っている方へもオススメです!

このストレッチでたくさんの方の指導に役立たせていただこうと思っています!ありがとうございます!

柔道整復師 南先生

 

肋間神経痛の方にオススメのメニュー

疲労回復整体

全身整体の施術をベースに、内臓までアプローチして体内の循環を改善します。

ひどく溜まった疲れや代謝異常を改善するO.C.Laboで一番人気のメニューです。

新陳代謝が上がるので、試合前の減量時期や追い込み時期の選手にも好評です。

内臓が原因の深い身体の歪み、なかなか改善しない症状、重い痛みや痺れなどにも有効です。

 

・疲れている、減量中など新陳代謝や回復力を上げたい

・便秘、生理痛などの内臓に不調がある

・冷え性、ムクミ、静脈瘤など循環に不調がある

・胸郭出口症候群、小胸筋症候群、腕の痺れ、指の痺れ、肋間神経痛、梨状筋症候群、手根管症候群、モートン病、頸椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、坐骨神経痛、などの神経症状

 

など、疲れている方や体内の働きを向上させたい方、症状の重い方にオススメのメニューです。

「もっと自由に楽しむための知識を身に付けてもらいたい」

痛みや不安を抱えながらスポーツやお仕事など日々の生活を送るのでは心から楽しむことができません。

痛みや不安を抱えていると、あなたの大切な時間やお金を自由に使うことができません。

 

そして、多くの痛みや不安の原因は「知らない」から起こります。

当院は、あなたの身体にあわせた「あなたのための知識」を学んで頂くことで、日々の生活をもっと自由に楽しめるようになってもらうための整体院です。

 

もし今あなたが身体の痛みや不安に悩んでいるならば、まずはお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加