グロインペイン症候群

グロインペイン症候群

グロインペイン症候群

こんなお悩みありませんか?

  • サッカーなどでボールを蹴ると太ももの付け根や下腹部に痛みが出る
  • 走ると股関節や内ももが痛くなる
  • お腹に力を入れると鼡径部や睾丸に痛みが出る
  • スポーツを休むと改善するが再開すると痛む

グロインペイン症候群とは?

サッカー選手に多い症状で、その他にも陸上競技やラグビーなど脚を使う競技で、キック動作や腹部に力を入れた際に鼡径部や股関節周辺に痛みが出るのが特徴です。

グロインペイン症候群を改善するには?

グロインペイン症候群の症状に対して、病院ではマッサージや電気、超音波、薬や注射などで一時的に痛みを抑えて対応しますが、それでは一時的な「対処療法」にしかなりません。

結局、揉まれたり電気をかけられたことによる「治った感」や、薬が切れれば「また痛い…」を繰り返すのです。

大切なのは原因から改善する「根本療法」です。

グロインペイン症候群の原因は「身体の歪み」

そもそも「なぜ、サッカーをしていてもグロインペイン症候群になる選手とならない選手がいたり、ボールを蹴る動作のない陸上競技でもグロインペイン症候群になる選手がいるのか?」を考えなくてはグロインペイン症候群を原因から改善できません。

 

グロインペイン症候群病の原因は「身体の歪み」です。

身体の歪みにより骨盤(特に恥骨結合周辺)の動きが悪くなり、股関節のまわりに負担がかかることでグロインペイン症候群になります。

例えば椅子に座る時、試しに背中を丸めてみてください。

動かそうとしなくても、顎が前に出て首の後ろはつまり、お尻は後ろに倒れて骨盤が後傾してしまいます。

このように常に全身は連動して動いているので、全身の様々な部分の歪みがグロインペイン症候群の原因になります。

そのため、当院では様々な可能性まで診ることで、根本的な原因を見つけて最短でグロインペイン症候群の症状を改善するだけでなく再発しない状態まで導いていきます。

 

もちろん整体院などで骨盤や股関節の歪みを改善してみてグロインペイン症候群が改善する場合も多くあります。

しかし、骨盤や股関節の歪みをとってもまた痛みがでてしまう…

そんな場合は、骨盤や股関節を歪めてしまう原因が他にあるという事です。

身体の歪みの原因は「内臓」と「頭蓋骨」

骨盤や肋骨を直接アプローチしてもすぐに歪んでしまったり、グロインペイン症候群の症状が改善しないという事は、身体を歪ませている原因が筋肉や関節以外にあるという事です。

それが「内臓」と「頭蓋骨」です。

 

内臓が身体の内側に癒着してしまうことで身体を内側から歪ませてしまうことが多くあります。

特にグロインペイン症候群に直接関係のある骨盤は腸や膀胱や子宮などを包んでいるので、内臓の影響を受けやすく、内臓が原因でグロインペイン症候群になっている方が臨床上とても多くみられます。

そして、意外と多いのがこの頭蓋骨の歪みです。

「頭蓋骨って歪むの?」と驚かれる方も多いのですが、頭自体の骨格である「頭蓋骨」はヘルメットのような1つの骨で出来ているのではなく23個の骨で出来ています。この骨の繋ぎ目は一般的に動かないといわれてはいますが、全く動かないわけではありません。

その繋ぎ目の部分がほんの僅かずつ動くことで、頭全体の歪みを作ってしまうのです。

指の関節などと違って1つの骨だけが動くようなことは出来ず、ルービックキューブのように23個の骨が連動して動くため、数ミリの頭蓋骨の歪みでも、表面にあるコメカミや後頭部などの筋肉に大きな負担をかけることで緊張してしまいます。

コメカミの筋肉は筋膜を介してわき腹まで繋がり、後頭部の筋肉は背骨や骨盤まで繋がっているので、肋骨や骨盤の歪みが起こります。

そのため、当院では筋肉や関節などの「筋骨格系」だけでなく「内臓」や「頭蓋骨」まで診ることで、根本的な原因を見つけて最短でグロインペイン症候群の症状を改善するだけでなく再発しない状態まで導いていきます。

病院でも治らなかったラクロスの股関節痛、根本の痛みが取れて完全に練習に復帰出来るまでに回復しました

お客様写真

大学でラクロスをやっているんですが、練習中に急に左の股関節が痛くなり、走ることはおろか足を上げるだけで痛みが出るようになってしまいました。
色々な病院や整体等で施術やリハビリを受けましたが、練習に完全復帰するまでには至らず、練習をやっては休み、やっては休みを繰り返していました。

怪我をしてから1年が経つ頃、当時通っていた整体院の先生にOCLストレッチの存在を教えてもらい、やった直後に身体に変化が出ることに感動し、この人なら治してくれるのではないかと思い、押方先生の所へ行きました。

先生の施術は股関節だけでなく、膝やお尻、前腿など、まず痛みの根本となっているであろう箇所を見付けるためにありとあらゆる方法でアプローチしてくれます。
毎回違うアプローチをするので、まるで謎解きをしているようで、いつか原因を見付けてくださるのではないかと感じさせてくれました。

今までは施術を受けた直後は良くても、すぐ痛みが戻ってしまうことがあったのですが、先生とともに諦めず施術を続けた結果、根本の痛みが取れ、完全に練習に復帰出来るまでに回復しました。
激しい練習後痛みが出ることもあるのですが、教えて頂いたストレッチをすることで、自分でリハビリすることも出来るようになりました。
また、復帰にとどまらず、体の使い方やトレーニング方法など、パフォーマンスアップの部分までしっかりとサポートしてくれます。

なかなか怪我が治らず復帰出来なかったり、慢性的な痛みを抱えて思うようにプレー出来ないアスリートの方は是非、一度訪れることをオススメします!

N.K様 大学生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

サッカーと空手で伸び悩んでいたパフォーマンスがあがっただけでなく怪我知らずになりました。

お客様写真

僕は中学生のころに剥離骨折をしてしまい、運動してもなかなかパフォーマンスが上がらず苦しんでいた時に押方先生と出会うことが出来ました。

最初は骨盤のずれがひどく、毎週のように通っていました。そのおかげで身体も楽になり、素晴らしいパフォーマンスを出来るようになりました。

僕は部活でサッカーをやり、習い事で空手をしていますが、どちらでも必要とされています。

なぜかというと、全然怪我もせず、コンディションも良いからです。現在は、当初の痛みは何も残っていません。

全ては押方先生のおかげです。今となっては尊敬している人です。

これからも良い結果を残せるように頑張りたいと思います。

佐藤匠様 学生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

股関節痛で歩くのもままならなかったのに数週間後のマラソンで自己ベスト更新!

お客様写真

突然の股関節の痛みで走るどころか歩くこともままならず、数週間後にマラソン大会を控えていた私は、たまたま見つけたこちらを訪ねました。
カウンセリングを行う中で、様々な身体の歪みが股関節痛を生み出しているということが分かり、その歪みを修正してもらいその時々の状態にあったストレッチを教えてもらいました。

それを日々行うことで股関節の痛みも無くなり、その後のマラソン大会ではベストタイムを出すまでになりました。
体の歪みが無くなって来ると、今までその歪みで正しく感じることが出来なかった体の違和感を感じることが出来るようになってとてもありがたいです。
その度に先生の施術やストレッチで少しずつ健康な体になっていくので、日々の生活から趣味のマラソンまですべてのパフォーマンスが上がっていきます。
先生は体の声を聞く天才です。

鈴木雅子様 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

グロインペイン症候群にO.C.Laboができること

O.C.Laboでは細かいカウンセリングと検査によって、その症状の原因となる歪みやクセを的確に見つけるので、根本から改善ができます。

 

さらに、原因や対処法まで「学べる整体院」なので、何度も同じ症状に悩まされることもなくなります。

 

そのため「また痛くなったらどうしよう…」という心配もなくなり、限りある貴重な時間とお金を、これまで以上に掛けたいものに掛けられるようになります。

 

また痛みや痺れが楽になるだけでなく、ダイエットやスポーツなど「その先の目的」に合わせた整体やセルフケアを学ぶことで、スタイルアップやパフォーマンスアップまでできるようになります。

 

当院でご自分の身体のことをもっと知って、今まで以上に自由に楽しみましょう。

今までも運動前や疲れが溜まっている時にストレッチをしたり、院でも患者様にお伝えしたりすることはありましたが、正直なところあまり効果を実感することはできませんでした。
しかし、OCLストレッチを受けて「ストレッチ」に対する認識が変わりました。
体が楽になるだけでなく、体が上手く使えるようになり力が入るようになったりと、その場で明らかに自分の動作が変化していくのが実感でき、とても驚きました。
また、実際の現場においては施術にもセルフケアにも活かすことができ、多くの患者様に喜んでいただいています。
日々の痛みの予防から、パフォーマンスアップまで対応できるので
今後も使い続けたいと思っています。押方先生、ありがとうございます。

柔道整復師 三村先生

※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

 

ストレッチって誰にでもできると思っていませんか?
「気持ちよく筋肉を伸ばせばいいじゃん」な~んて簡単に思っていませんか?
押方先生のOCLストレッチ講座は確かな解剖学・生理学理論のもと、 深い洞察力と氏自身が現役のキックボクサーである経験がいかされています。

具体的にいうと、どの関節をどのような順番でどう動かせば体に「効き、機能的に動くのか」を熟知している。

実際、講座を受けた私の感想は「なるほど!」の連続で次の日から即、臨床で使えるものばかりでした。

普段から体を伸ばすことは意識しておりましたが、正しいOCLストレッチを学び実践することでまさに「自分の体に整体をする」効果が認識できます。

もしかしてこれは施術家泣かせなのでは(笑)と思うくらい。

スポーツや格闘技・ 美容効果も高いOCLストレッチを使わないてはないですね。

柔道整復師 弟子丸先生

※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

 

まず始めに伝えたいことはこんなに効果のあるストレッチはありません!

ここまで短時間でカラダが軽くなりかつ、カラダの動きまで良くしてしまうストレッチは他にはないからです。

学生時代にこのストレッチがあれば自分自身のパフォーマンスや疲労回復に役立ったのになと、今の時代の学生達が少しだけずるいなと思ってしまうほどです!

今学生さんたちのサポートする側になって怪我をしてる学生さんのケアあったり、パフォーマンスのアップに役立たせていただいております

もちろん施術家として、普段忙しくて時間がとれないという方へのアドバイスに、簡単に出来てカラダが楽になってしまうストレッチとして指導をすると大好評ですので、患者さんへアドバイスを迷っている方へもオススメです!

このストレッチでたくさんの方の指導に役立たせていただこうと思っています!ありがとうございます!

柔道整復師 南先生

※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

 

グロインペイン症候群の方にオススメのメニュー

疲労回復整体

全身整体の施術をベースに、内臓までアプローチして体内の循環を改善します。

ひどく溜まった疲れや代謝異常を改善するO.C.Laboで一番人気のメニューです。

新陳代謝が上がるので、試合前の減量時期や追い込み時期の選手にも好評です。

内臓が原因の深い身体の歪み、なかなか改善しない症状、重い痛みや痺れなどにも有効です。

 

・疲れている、減量中など新陳代謝や回復力を上げたい

・便秘、生理痛などの内臓に不調がある

・冷え性、ムクミ、静脈瘤など循環に不調がある

・胸郭出口症候群、小胸筋症候群、腕の痺れ、指の痺れ、肋間神経痛、梨状筋症候群、手根管症候群、モートン病、頸椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、坐骨神経痛、などの神経症状

・加齢による循環障害や変形性関節症

など、疲れている方や体内の働きを向上させたい方、症状の重い方にオススメのメニューです。

「もっと自由に楽しむための知識を身に付けてもらいたい」

痛みや不安を抱えながらスポーツやお仕事など日々の生活を送るのでは心から楽しむことができません。

痛みや不安を抱えていると、あなたの大切な時間やお金を自由に使うことができません。

 

そして、多くの痛みや不安の原因は「知らない」から起こります。

当院は、あなたの身体にあわせた「あなたのための知識」を学んで頂くことで、日々の生活をもっと自由に楽しめるようになってもらうための整体院です。

 

もし今あなたが身体の痛みや不安に悩んでいるならば、まずはお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加