ラグビーでオスグッドをかばって鵞足炎になった

中学生 男性

主訴:ラグビーで、右膝がオスグッドになってしまった。

病院や整体などで施術をしてもらうと軽減するので、だましだまし練習していたら膝の内側まで痛くなった。

練習を休むように言われたので、練習を休まずに改善したくて来院。

1回目

状態:右の肩甲骨が挙がり肋骨が捻じれていたため、骨盤まで捻じれていました。

そのため、右の太ももの筋肉(大腿四頭筋)に負担がかかり、オスグッドになっていました。

それをかばって練習していたため、膝の内側の筋肉(鵞足)に負担がかかり鵞足炎まで併発していました。

 

処置:肩甲骨を挙げている胸の筋肉「小胸筋」の緊張を改善すると、姿勢が良くなり骨盤の捻じれが改善して、膝の痛みが軽減しました。

直接四頭筋や膝を施術しなくても、歩く時の膝の痛みが軽くなったのを実感して、膝痛みの原因が膝だけでない事を理解して頂きました。

 

四頭筋や内転筋の疲労をとると更に膝の痛みが軽減しました。

 

最後に、セルフチェックの方法と、肩甲骨を整えるOCLストレッチをご指導しました。

 

 

2回目(6日後)

鵞足の痛みはなくなり、オスグッドの痛みも95%位なくなり押すと少し痛い程度になったため、痛みがなく走れるようになった。

 

状態:ストレッチを頑張っていたため、骨盤の歪みもほとんどなくなり、良い状態でした。

 

処置:肩甲骨の調子が良かったので、体幹部を中心にアプローチをして、膝に負担をかけないだけでなく走りやすくなるようにパフォーマンスアップの施術も行いました。

体幹を使えるように横隔膜のOCLストレッチをご指導しました。

 

3回目(7日後)

 

走っても押しても痛みはなくなった。

「走る姿がドタドタしているのが気になる」と親御さんから、練習で走る姿の動画を見せて頂きました。

スタートは良いのですが、後半で腹圧が抜けているため、ドタドタした走りになり膝に負担をかけているようでした。

 

状態:器質的な歪みなどは改善したが、腹圧を高めて体幹を使うという機能的な問題がありました。

 

処置:腹圧と体幹についての話をして、なぜドタドタするのか?膝が痛くなるのか?を理解してもらいました。

腹圧を高めるために骨盤底筋を使えるようになるOCLストレッチをご指導しました。

 

次回、痛みがなく練習できているようでしたら、来院ペースを長くしていきます。

 

オスグッドについて詳しくはこちら

オスグッド

この記事に関する関連記事